新着情報

お知らせ

新着情報

コラム

新宿野村ビル店

2022.06.03

「炉端焼き」とは?人々を魅了する炉端焼きのルーツ

よく耳にする「炉端焼き」という言葉。炉ばたや銀政でも、厳選食材を職人が焼き上げる炉端焼きをご提供しています。

しかし、そもそも「炉端焼き」って何?と思う方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、人々を魅了する炉端焼きのルーツについてご紹介します。

 

―そもそも「炉端焼き」とは?―

炉端焼きとは、北海道釧路の郷土料理です。しかし、発祥は宮城県仙台市と言われています。

「囲炉裏端」で野菜や魚介類を焼いて客に提供したのが始まりで、のちに北海道に渡り、釧路の名物料理へと発展しました。

 

―現代の「炉端焼き」のスタイル―

現代では店員が客の目の前で、きんき・カレイ・帆立・ほっけ・鮭・イカ・エビなどの新鮮な魚介や肉類、野菜などを炭火に網をのせて焼き、長い柄のついた「掘返べら」で提供する形式がほとんど。

また、客が目の前の網にのせてセルフで焼く形式のお店も多いです。

今では、全国各地に炉端焼きの美味しいお店があります。

 

―「炉ばたや銀政」の炉端焼きメニューはどれも絶品―

「特選 銀だら西京焼き」や「牛すじ大根」、など、銀政では厳選素材を使用した炉端焼きメニューをご用意しております。

 

この他にも肉料理や一品料理なども取り揃えておりますので、ぜひ銀政で美味しい料理とお酒をご堪能下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。